三停論(さんていろん)大きく表示

顔が知らせるあなたの病と心


三停論


三停論とは、顔を上停、中停、下停の三つに分けて判断する方法です

上停

上停大きく表示

額のてっぺんから眉の下までを指し、心臓・肺の状態及び知恵の持ち方について判断します。

上停が大きい人には、心臓・肺が強く、物事を智(頭)で解決しようとする方が多いようです。

上停が赤っぽい人には、心臓・肺が熱量過剰になりやすい方(熱症タイプ)が多いようです。

上停が白っぽい人には、心臓・肺が熱量不足になりやすい方(寒症タイプ)が多いようです。

上停が黒っぽい人には、心臓・肺の抵抗力の不足した状態(虚症)が多く見られます。

中停

中停大きく表示

主として目と鼻を指し、肝臓・膵臓(漢方の脾、ここでは膵臓とする)の状態及び意志の強弱・決断力・実行力を判断します。

中停の大きな人には、肝臓・膵臓が強く、物事を意志・行動で解決しようとする方が多いようです。

中停が赤っぽい人には、肝臓・膵臓が熱量過剰になりやすい方(熱症タイプ)が多いようです。

中停が白っぽい人には、肝臓・膵臓が熱量不足になりやすい方(寒症タイプ)が多いようです。

中停が黒っぽい人には、肝臓・膵臓の抵抗力が不足した状態(虚症)が多く見られます。

下停

下停大きく表示

主として鼻の下から顎の先までを指し、腎臓・子宮・性器・肛門の状態及び感情を判断します。

下停の大きな人には、腎臓・膀胱が強く、物事を情で解決しようとする方が多いようです。

下停が赤っぽい人には、腎臓・膀胱が熱量過剰になっている場合(熱症タイプ)が多いようです。

下停が白っぽい人には、腎臓・膀胱が熱量不足になっている場合(寒症タイプ)が多いようです。

下停が黒っぽい人は、腎臓・膀胱の抵抗力の不足した状態〈虚症〉が多く見られます。

三停論
三停論
上停
上停
中停
中停
下停
下停

顔が知らせるあなたの病と心


龍野マルゼン薬店店内

龍野マルゼン薬店は、12月は無休で営業致しております。
1月は元日のみお休みで2日(火)から無休で営業致します。
(土、日、祝日も営業致しております)
営業時間 AM9:30~PM7:30
インターネット、FAXでのご注文は24時間受けたまわっております。

TEL・FAXでのお問合せは
龍野マルゼン薬店フリーダイヤル0120-89-1015
龍野マルゼン薬店 (お電話受付 AM9:30~PM7:15)
龍野マルゼン薬店のインターネット販売は、
2017年で17年目になります。
E-mailでのお問い合わせは
info@e-kao.netまでお願いします。

文字サイズ 使い方(?)

Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!