血栓を溶かす

[健康豆知識]のメニューへ戻る

成人病の約8割は血栓(血のつまり)が原因で発症します。

ここ数年間での、私達日本人の死亡原因の第1位はガンであり、第2位は心臓疾患、第3位は脳血管障害と続いています。2位の心臓疾患には心筋症や弁膜症があり、90%は心筋梗塞でなくなっています。

心筋梗塞とは、心臓を養っている冠状動脈の中に血液の塊が出来て血流が止まってしまう、血栓症と呼ばれる病気です。また、3位の脳血管障害にも、いろいろな病気があり、昔は脳出血で死ぬ人が多かったのですが、最近では、高血圧のコントロール等がうまく出来るようになったので、脳出血は年々減少してきていて代わりに増えてきたのが脳血栓症です。

最近の報告によれば、脳血栓症が脳血管障害による死亡の約70%を占めるようになったと言われています。厚生労働省が発表している死亡統計についてよく考えてみると、ガンは胃ガン、肝臓ガン、肺ガンのように、臓器は異なっているのにガンというひとつの病気として分類されています。これに対して、心臓疾患や脳血管障害は臓器別に分類されています。

そこでガンと同様に血栓症という病名で死因を分類したとすると、実は血栓症で死亡する人が日本人では一番多いといえます。血液が血管の中をスムーズに流れるためには、血管の内側を隙間なく、敷石のように覆っている内皮細胞が健康であることが重要になります。生活習慣病等が原因で内皮細胞が障害を受け、最終的には内皮細胞が剥がれてしまい、そうすると正常では血液に溶けているフィブリノーゲンというタンパク質がフィブリンという固体に変化して、その内皮細胞の剥がれた部位に固まってしまうのです。この血管の中に出来た血液の塊が血栓なのです。この血栓が冠状動脈に出来れば、前述の心筋梗塞であり、脳血管に出来れば脳血栓症になります。

しかし正常では、このような血栓ができても、この血塊を溶かす機構が人間には備わっています。それを線維素溶解機構(線溶機構)と呼びます。線溶機構は血管の中に血栓ができると、内皮細胞からウロキナーゼあるいはt-PAと呼ばれるタンパク分解酵素を放出して、プラスミンという活性のタンパク分解酵素にして、血栓の本体であるフィブリンを溶かしてしまうのです。ところが加齢とともに線溶酵素の働きが衰えてくるのでできた血栓を溶かすことができず血栓症が起こりやすくなります。線溶酵素が血液の中に十分流れていれば血栓症の予防ができると考えられています。

心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病等もこの血栓が原因ですが、なかなか治る物ではありません。
現在の食生活ではとうてい防げるものではないのです。
昨日まで元気だった人が、突然倒れたり、亡くなったりと私たちの廻りでも結構いるものです。
しかし、病気の根元である血栓を溶かしてくれる血栓溶解成分なるものが爆発的に売れるようになりました。それはルンブルクスルベルス含有食品です。

宮崎医科大学の美原恒名誉教授は、この線溶酵素や血栓症の治療、予防を長年研究してきました。本格焼酎を飲んだり、納豆を食べたりすると血中に線溶酵素が増えてくることを報告しています。さらに教授は、より積極的に線溶酵素を高める方法として線溶酵素「ルンブルキナーゼ」を発見・抽出に成功しました。

「ルンブルキナーゼ」は血の塊(血栓)を溶かすウロキナーゼと同じように、フィブリン(血栓)を溶かす酵素です。
しかも世界23ヶ国で特許を持ち、既に医薬品として使用されています。
特許内容は、血栓溶解剤、抗高脂血症剤・糖尿病治療薬・血圧調整剤・製造法の5特許を有しています。
(ここで血圧調整剤とは、高血圧は下げますが、低血圧は上げると言う意味です。)

ルンブルキナーゼは、血栓の元となるフィブリンだけを直接溶かす働きがあるため、内出血を起こすような副作用はありません。止血作用のあるフィブリノーゲンを溶かすことなく、余分にルンブルキナーゼを摂取しても、体外に排出されるため、安心して常用できるのが特徴です。しかも世界で始めて口から摂ることができるため、家庭で手軽に血栓症をはじめ血栓が原因となって起こる心筋梗塞や脳卒中、さまざまな生活習慣病の予防、改善に効果的だと思われます。

50年間低血圧症だった方が、1ヶ月で120(上)まで上がったという人がたくさんいるので驚かされます。
また、症例ではただの高血圧症の方は、2~3日で下がってきています。
これは、服用後2時間後には血栓を溶かし始めるというデータからも分かるように、かなり早く改善されているという結果が出ています。既に15,000例の臨床結果を持ち、世界中からも副作用の報告はありませんので、安心して服用できます。
また、血栓が取れることにより、多くの病気の改善が見られるので、血管の錆を取るつもりでの服用をおすすめします。新聞、健康雑誌、主婦の友社等にも取り上げられています。尚、原材料は動物性タンパク質の天然のものです。

(健康食品ガイド「ルンブルクスルベルス」をご参照ください。)

血栓を溶かすについてもっと詳しくは

血栓を溶かすについてお読みになってより詳しく知りたい方は、
龍野マルゼン薬店 0120-89-1015 までご相談ください。

龍野マルゼン薬店店内

龍野マルゼン薬店は、12月は無休で営業致しております。
1月は元日のみお休みで2日(火)から無休で営業致します。
(土、日、祝日も営業致しております)
営業時間 AM9:30~PM7:30
インターネット、FAXでのご注文は24時間受けたまわっております。

健康に関する詳しいご相談はフリーダイヤルにてうけたまわっております
代引手数料は無料です。
龍野マルゼン薬店ではフリーダイヤル0120-89-1015で健康相談を受け付けております。


[健康豆知識]のメニューへ戻る

TEL・FAXでのお問合せは
龍野マルゼン薬店フリーダイヤル0120-89-1015
龍野マルゼン薬店 (お電話受付 AM9:30~PM7:15)
龍野マルゼン薬店のインターネット販売は、
2017年で17年目になります。
E-mailでのお問い合わせは
info@e-kao.netまでお願いします。

文字サイズ 使い方(?)

Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!