メシマコブ

メシマコブとは?

メシマコブは桑などの広葉樹(通常20年~30年ほどの古木)の幹に寄生するタバコウロコタケ科キコブタケ属のコブ状のキノコです。
日本では、九州の男女群島の女島(メシマ)で多く採取されたことから、メシマコブの和名が付けられました。
形状は、サルノコシカケに似ています。
菌傘は木質、偏半球あるいは、馬蹄形をしており、柄や模様はなく、幹に直接寄生しています。
大きさは、8~12cm、傘の厚さは1.5~10cm程度になり、色は浅褐色から暗褐色、あるいは黒色までと幅があります。味は甘辛く、無毒のキノコです。
生育地は、温帯地方で幅広く分布しますが、限られた場所にわずかにしか生育しない貴重なキノコです。 また、人工的な栽培ということになると菌糸の生育が遅く、栽培、培養が非常に難しいキノコです。
メシマコブは、学名を「フェリナス・リンテウス」Phellinus Linteus Aoshimaと言います。

メシマコブは中国では古くから漢方薬として使用

中国では古くより「桑黄(そうおう)」と呼ばれてきました。
昔から煎じ薬の漢方薬として利用されており、「神農本草経」にそれが記載されています。 内容は「久服軽身不老延年」とあり、「長年煎じて飲めば体が軽くなる、不老長寿」の薬と説明しています。 また、「本草網目」「中国大辞典」「中国薬用真歯」「東洋医学大辞典」などに記述されているメシマコブの効用としては、血尿、渋り腹、陰茎痛、脱肛、下血、過労、月経不順、悪血、リンパ腫、子宮不正出血、排尿異常、鼻血、顔面黒しみ、胃痛、下痢などの様々な症状に良いとされています。

(健康豆知識「メシマコブとは?」をご参照ください。)

メシマコブについてもっと詳しくは

メシマコブについてお読みになってより詳しく知りたい方は、
龍野マルゼン薬店 0120-89-1015 までご相談ください。

龍野マルゼン薬店店内

龍野マルゼン薬店は、10月、11月は無休で営業致しております。
(土、日、祝日も営業致しております)
営業時間 AM9:30~PM7:30
インターネット、FAXでのご注文は24時間受けたまわっております。

βグルカン、免疫に関する詳しいご相談はフリーダイヤルにてうけたまわっております
代引手数料は無料です。
龍野マルゼン薬店ではフリーダイヤル0120-89-1015で健康相談を受け付けております。


健康食品ガイド一覧へ

TEL・FAXでのお問合せは
龍野マルゼン薬店フリーダイヤル0120-89-1015
龍野マルゼン薬店 (お電話受付 AM9:30~PM7:15)
龍野マルゼン薬店のインターネット販売は、
2017年で17年目になります。
E-mailでのお問い合わせは
info@e-kao.netまでお願いします。

文字サイズ 使い方(?)

Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!