顔が知らせる病と心 龍野マルゼン薬店【モバイル】

牡蠣肉エキス(かきにくエキス)


9月、10月は無休で営業致しております

ホーム

牡蠣肉エキスとは、生ガキの煮出しを繰り返して抽出した液汁の濃縮エキスで、タウリン、メチオニン、シスチンなどのアミノ酸を含み、肝臓の栄養となり肝臓機能を高めます。またグリコーゲン、亜鉛も豊富で疲労回復、生殖機能を高めインシュリン分泌やホルモン代謝を促進します。

画面上へ

牡蠣肉エキス【かきにくエキス】

肝臓強化・疲労回復・強壮強精

牡蠣肉【かきにく】の栄養素が肝臓を助けます。
肝臓の働きを助ける食品の代表的な一つが、牡蠣【かき】です。
カキは昔から漢方医学でも、

などとされ、薬膳として長年用いられてきました。

牡蠣【かき】は、海のミルクと呼ばれるほど栄養バランスがよく、タンパク質、脂質、糖質のほか、カルシウム、マグネシウム、鉄、リンなどのミネラル類、ビタミンA、B1、B2などのビタミン類も含まれています。特に、タウリン、グリコーゲン、亜鉛が豊富です。

タウリンは肝臓の栄養となり肝機能を高め、血栓の予防から血圧の正常化までに働きます。
グリコーゲンは即効性の高いエネルギー源で、強壮、疲労回復に働きます。
亜鉛は生殖機能を高め、インスリン分泌やホルモン代謝の正常化に関与しています。

画面上へ

牡蠣肉エキス【かきにくエキス】の有効性

愛媛大学医学部生化学教室の奥田教授は、ラット実験で「牡蠣肉エキス【かきにくエキス】を摂ることで、血中の過酸化脂質や中性脂肪が下がり、このことで肝障害を予防していると考えられる。」と報告しています。また近畿大学東洋医学研究所の有地教授と今西講師は、やはりラット実験で「肝臓中の総コレステロールの増加が抑制された。牡蠣肉エキス【かきにくエキス】が肝細胞内で、脂肪の過酸化を防ぐ可能性がある。」と報告しています。

画面上へ


オススメ商品一覧


オススメ商品グループ免疫


オススメ商品グループ美容健康


オススメ商品グループ化粧品その他


オススメ商品グループ医薬品


健康食品活用ガイド一覧


ご購入方法


通販法規と医薬品販売の表示


プライバシーポリシー


PCページ:
牡蠣肉エキスとは?【龍野マルゼン薬店 健康食品活用ガイド】


【#】画面上へ


【0】ホーム


【*】


【9】カートの中を見る


【1】モバイル検索エンジンリンク


(C)龍野マルゼン薬店

2017/09/23(Sat) 16:25 (3)