顔が知らせる病と心 龍野マルゼン薬店【モバイル】

ブルーベリー


11月、12月は無休で営業致しております

ホーム

ブルーベリーのアントシアニンとは?

アントシアニンとは、光合成によってできた植物の色素や苦味の成分を表す抗酸化物質ポリフェノールのグループの中のフラボノイドの一種で、紫色の色素の成分のことをいいます。 アントシアニンには体を錆びさせる原因の活性酸素を除去する働き、目の色素成分であるロドプシンの再生を促進する働きなどがあります。

画面上へ

ブルーベリー抽出エキスのアントシアニンの作用

網膜色素「ロドプシン」の再合成の促進
糖尿病性眼底網膜病変の改善や眼精疲労に働く
毛細血管の保護作用
抗酸化作用
肝臓の機能改善に働く

画面上へ

関連:マリーゴールド抽出エキス(ルテイン)の作用

抗酸化作用

ルテインはカロチノイドの一種で強い抗酸化作用があります。 ルテインは目に多く含まれるカロチノイドで、他のカロチノイドはあまり存在しません。 特に黄斑部にはルテインとゼアキサンチンの2種類しか存在しません。 そのため、目における抗酸化物質としてルテインが注目されています。

黄斑変性症の予防

関連:イチョウ葉エキスの作用

抹消血管の血流改善

目には非常に細い血管が多く存在します。 抹消血管の血流を改善することにより、目の細部に栄養素を行き渡らせることができます。

血管の修復・正常化

関連:ベータカロチンの作用

ベータカロチンは体内でビタミンAに代謝されます。 ビタミンAは目の栄養素ですが、摂りすぎると吐き気や頭痛などの原因になります。 ベータカロチンは必要量だけがビタミンAに代謝されるため、副作用の心配はありません。

画面上へ


オススメ商品一覧


オススメ商品グループ免疫


オススメ商品グループ美容健康


オススメ商品グループ化粧品その他


オススメ商品グループ医薬品


健康食品活用ガイド一覧


ご購入方法


通販法規と医薬品販売の表示


プライバシーポリシー


PCページ:
ブルーベリーとは?【龍野マルゼン薬店 健康食品活用ガイド】


【#】画面上へ


【0】ホーム


【*】


【9】カートの中を見る


【1】モバイル検索エンジンリンク


(C)龍野マルゼン薬店

2017/11/19(Sun) 15:50 (2)