石蓮花(セキレンカ)

石蓮花(せきれんか)

石蓮花は血糖値を下げる作用があり、また石蓮花には肝臓疾患を改善するとの報告もあります。

石蓮花世界で最も長寿な五大集落の一つ(長寿之郷)が、中国南部の広西チワン族自治区の山奥の秘境の地にあります。
人口22.4万人のうち、100歳以上は81名を数え、最長齢は120歳であり、今尚、皆、毎日元気に働き続けているといいます。
石蓮花は、この周辺の岩肌でのみ自生する景天科に属するサボテンの一種の植物で目のくらむような美しい花はを咲かせます。
中国の人々が幻の花と呼ぶ貴重な花なのです。
糖尿病でお食事の糖質が気になる方に「石蓮花」はおすすめです。

血糖降下剤として特許を取得

北京大学生物学系の丁鑑博士(元教授)は、この長寿地帯を研究した際、石蓮花に注目しました。そして、長寿と石蓮花の関係を解明しようと、丁鑑博士と子息の丁慶博士は研究を重ねました。
臨床試験・動物実験や成分分析を進めて行く中で、この植物には、血糖降下作用、脂肪燃焼作用、滋養強壮作用があることを発見しました。
血糖降下剤として日本、アメリカ、中国で特許を取得し、石蓮花は糖尿病に苦しむ人々に明るい希望を与えることのできる植物として注目されています。

日本における最新特許
発明名称「純天然血糖値降下剤」特許番号3097997号

石蓮花が糖尿病に良い理由

糖尿病が進行する原因は活性酸素です。石蓮花にはこの活性酸素を消去する抗酸化作用があることがわかりました。石蓮花の摂取により体が酸化ストレスを受けにくくなります。このことにより、長寿村の人々は長生きできるのです。

石蓮花の有効成分

血糖降下作用のある石蓮花の有効成分は、グルコヘプトニック・エステルの誘導体と、クラッスラグルコサイドです。特に、クラッスラグルコサイドは新しく化学構造式が判明した有機化合物で、このクラッスラグルコサイドは石蓮花エキスとも呼ばれています。

石蓮花に期待できる作用

石蓮花はこれらの相乗効果で働きかけていきます。

(健康豆知識『糖尿病について』健康豆知識『肥満とダイエット』をご参照ください。)

石蓮花についてもっと詳しくは

石蓮花についてお読みになってより詳しく知りたい方は、
龍野マルゼン薬店 0120-89-1015 までご相談ください。

龍野マルゼン薬店店内

龍野マルゼン薬店は、11月、12月は無休で営業致しております。
(土、日、祝日も営業致しております)
営業時間 AM9:30~PM7:30
インターネット、FAXでのご注文は24時間受けたまわっております。

石蓮花、糖尿病、ダイエットの詳しいご相談はフリーダイヤルにてうけたまわっております
代引手数料は無料です。
龍野マルゼン薬店ではフリーダイヤル0120-89-1015で健康相談を受け付けております。


健康食品ガイド一覧へ

TEL・FAXでのお問合せは
龍野マルゼン薬店フリーダイヤル0120-89-1015
龍野マルゼン薬店 (お電話受付 AM9:30~PM7:15)
龍野マルゼン薬店のインターネット販売は、
2017年で17年目になります。
E-mailでのお問い合わせは
info@e-kao.netまでお願いします。

文字サイズ 使い方(?)

Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!