白豆杉 (はくとうすぎ)

身近に持てば厄除けになる、匂いを嗅げば長生きをする、と伝えられたイチイを、かの聖徳太子は笏(シャク)に用いたといわれております。日本では七世紀初めに隋の王室からの贈り物として日本の皇室に伝わったのが最初とされていますが、この樹木の歴史は地球最古に遡ります。

白豆杉 (はくとうすぎ) とは?

白豆杉(ハクトウスギ)白豆杉(はくとうすぎ)は、杉という字が使われていますが、スギ科ではなくイチイ科の植物です。

白豆杉は、新生代第4紀氷河期から厳しい大自然の風雪に耐え今日まで生き抜き、現在残存している56種の植物の中でも、地球最古の最も貴重な仙樹です。
2億年前の恐竜繁栄期の中生代から太古のままの姿で生き延びたため、「太古の生きる化石」とも呼ばれています。
また、最も「生命力が強い」、即ち「気が強い」樹木ともいわれています。

白豆杉は、世界で最も磁場の良い所として有名な秘境地、中国南方の雲南省など限られた地域に自生しています。

高山植物としては異例の、平均樹齢3000年という極めて生命力の強い樹木です。

白豆杉 (はくとうすぎ) は紀元前の昔から王室専用の仙樹

白豆杉(ハクトウスギ)白豆杉(ハクトウスギ)は、中国では、2,200年以上前の秦の始皇帝の時代から、歴代の王朝で大変貴重な王室専用の仙樹として大切にされ、愛飲されてきました。
万里の長城を作ったことでも有名な秦の始皇帝は、中国統一という偉業を成し遂げた後、不老不死を夢みるようになります。
始皇帝から命を受けた徐福をはじめとする臣下は、世界中を旅しながら、見つけだしたもののひとつが白豆杉といわれ、仙人になれる仙樹とも呼ばれる由縁です。
白豆杉が日本に初めて紹介されたのは、今から約1,400年前の聖徳太子がいた時代でした。隋の王室から日本の皇室へ贈り物としてもたらされたのが最初とされています。聖徳太子はこれを笏【シャク】として用いたと言われています。

白豆杉 (はくとうすぎ) 門外不出から21世紀の仙樹へ

白豆杉(ハクトウスギ)歴代の中国の王室、日本の皇室では、大変長い間重宝がられた王室・皇室ゆかりの仙樹ですが、現代に至るまでその存在が世に出ることはありませんでした。
それは、中国政府がこの貴重な仙樹である白豆杉を大自然からの贈り物として保護する目的で、法律で貴樹種に指定し、伐採禁止、売買禁止にしていたからです。

2022年10月まで「白豆杉」は「雲南紅豆杉」の別名で同じ植物として扱われてきました。しかし近年の植物学研究でこれらは違う植物であるという学説が主流になりました。白豆杉の仮種皮は紅豆杉と同じ赤色ですが、成熟すると白色に変わります。

白豆杉 (はくとうすぎ) について
もっと詳しくは

白豆杉(はくとうすぎ)についてお読みになってより詳しく知りたい方は、
龍野マルゼン薬店 0120-89-1015 までご相談ください。

龍野マルゼン薬店店内

龍野マルゼン薬店は4月、5月は無休で営業致しております。
(土、日、祝日も営業致しております)
営業時間 AM9:30~PM7:30
インターネット、FAXでのご注文は24時間受けたまわっております。

白豆杉(はくとうすぎ)、健康に関する詳しいご相談はフリーダイヤルにてうけたまわっております
代引手数料は無料です。龍野マルゼン薬店ではフリーダイヤル0120-89-1015で健康相談を受け付けております。


健康食品ガイド一覧へ

TEL・FAXでのお問合せは
龍野マルゼン薬店フリーダイヤル0120-89-1015
龍野マルゼン薬店 (お電話受付 AM9:30~PM7:15)
龍野マルゼン薬店のインターネット販売は、
2024年で24年目になります。
E-mailでのお問い合わせは
info@e-kao.netまでお願いします。

文字サイズ 使い方(?)

Valid HTML Living Standard Valid CSS!