ガルシニア・カンボジア

ガルシニア・カンボジアとは?

ガルシニア・カンボジアとは、アジア原産のタマリンド科の熱帯植物で、黄色または赤色のオレンジくらいの大きさの果実をつけます。 ガルシニアは、カレーの材料として昔から使われていて、アーユルヴェーダでは消化を助け食欲を抑える薬として長年使用されてきました。

ガルシニアエキスとは?

ガルシニアをスパイスとして使った料理は、不思議なことに食べた人に満腹感を与えるという他のスパイスには見られない特徴があることや体重の減量効果もあることが知られています。
近年、この果実の持つ効果の学術的な解明が進み、ガルシニアの果皮に含まれる(-)ヒドロキシクエン酸(HCA)に、糖質から脂肪を合成する酵素の作用を阻害する働きのあることが発見されました。ガルシニアは、ダイエットスパイスとして、さらに運動持久力を増加させる食品素材として注目されています。

ヒドロキシクエン酸(HCA)とは?

(-)ヒドロキシクエン酸(HCA)の化学構造:クエン酸との違い乾燥したガルシニアの果皮は、10~30%ものヒドロキシクエン酸(HCA)を含んでいます。
このヒドロキシクエン酸(HCA)は、レモンなどの柑橘類の果実に含まれている有機酸であるクエン酸より水酸基(-OH)を一つ多く持っている点が異なるだけで、非常によく似た物質です。クエン酸と同様、爽やかな酸味を有しています。

HCA(Hydroxycitric acid)とは

ヒドロキシクエン酸(HCA)は右上の図のようにクエン酸と似た構造の有機酸です。 不斉炭素がありますので、光学異性体が存在します。その中で(-)ヒドロキシクエン酸(HCA)が、ガルシニアに含まれる主要有機酸です。また、HCAは分子内脱水によりラクトン型としても存在します。

HCAの作用とは?

食事で摂取される糖質(澱粉、砂糖などの糖類)は、体内で代謝されエネルギーとして消費されますが、必要なエネルギーとして消費されずに余った糖質は、クエン酸によって変換された後、ATPクエン酸リアーゼという酵素の働きを受けて、脂肪へ合成、蓄積されます。この脂肪合成経路にHCAが存在すると、以下の作用がもたらされることが明らかにされています。

  1. 脂肪の蓄積抑制
    脂肪合成に関わるATPクエン酸リアーゼの働きが阻害され、クエン酸からの合成が抑えられ、脂肪の蓄積が抑制される。
  2. グリコーゲンの合成促進
    脂肪合成に利用されずに蓄積したクエン酸によって、糖質はエネルギー源であるグリコーゲンへと変換される。グリコーゲンが増加すると血糖値が安定し、空腹感が抑制され、過食防止にも役立つ。
  3. 脂肪酸の燃焼促進
    クエン酸からアセチルCoAの合成がブロックされることにより、アセチルCoAの代謝物であるマロニルCoAの濃度が減少し、同物質によって抑制されていた脂肪酸の分解を促進するカルニチンアシルトランスフェラーゼという酵素の働きが活性化され、脂肪酸が分解する方向に進み、脂肪の燃焼が促進される。

龍野マルゼン薬店店内

龍野マルゼン薬店は、12月は無休で営業致しております。
1月は元日のみお休みで2日(火)から無休で営業致します。
(土、日、祝日も営業致しております)
営業時間 AM9:30~PM7:30
インターネット、FAXでのご注文は24時間受けたまわっております。

健康に関する詳しいご相談はフリーダイヤルにてうけたまわっております
代引手数料は無料です。
龍野マルゼン薬店ではフリーダイヤル0120-89-1015で健康相談を受け付けております。


健康食品ガイド一覧へ

TEL・FAXでのお問合せは
龍野マルゼン薬店フリーダイヤル0120-89-1015
龍野マルゼン薬店 (お電話受付 AM9:30~PM7:15)
龍野マルゼン薬店のインターネット販売は、
2017年で17年目になります。
E-mailでのお問い合わせは
info@e-kao.netまでお願いします。

文字サイズ 使い方(?)

Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!