顔が知らせる病と心 龍野マルゼン薬店【モバイル】

梅エキス


7月、8月は無休で営業致しております

ホーム

梅エキスとは?

梅エキスの酸味成分は、クエン酸、リンゴ酸、カテキン酸、ピクリン酸などの有機酸で、相乗的な働きが様々な健康効果をもたらしています。 有機酸は疲労物質「乳酸」の生成を抑えることで疲れにくい体を作り、疲労回復を早めます。 また、キレートを形成することでミネラルの吸収を促進します。カルシウム、亜鉛、鉄などのミネラルは、水に溶けにくく吸収率の低い成分ですが、クエン酸と一緒に摂取すると、水溶性に変化し、腸壁からの吸収率がアップします。 他にも肝機能を高め、アルコール分解などを増進します。血流改善にも働き、肩こりや筋肉痛を緩和します。 最近の研究で、梅エキスの製造過程で生まれる「ムメフラール」も肝機能を高めることが判っています。 加えて、抗菌作用があり、胃酸分泌を促し食欲を増進させます。

画面上へ

梅エキスにたっぷり含まれるクエン酸の作用

私たちは体のなかに、摂取した食べ物をエネルギーに変える仕組みを持っています。
摂取した食べ物は体内に吸収されてブドウ糖に変わり、さらに酵素とビタミン(主にビタミンB群)、酢によって燃焼(酸化)され、エネルギーになります。燃焼過程に作用する酢は、クエン酸をはじめとした8種類に変化し、再びクエン酸に戻るサイクルを繰り返します。これはクエン酸サイクルと呼ばれ、エネルギーをつくり、老廃物を体内に残さないために重要な機能です。この機能に欠かせないのがクエン酸です。

疲労を回復するクエン酸

ブドウ糖がエネルギーになるとき、完全燃焼されず燃えカスの焦性ブドウ糖ができます。これが筋肉に蓄積されると一部が乳酸に変化します。この乳酸が疲労の原因物質です。クエン酸は燃えカスの焦性ブドウ糖を分解するので、不足させないように補給することで、疲労回復に役立ちます。

身体を弱アルカリ性に保つクエン酸

健康な人の体液は弱アルカリ性を示し、不健康になると酸性に傾いていきます。これは、焦性ブドウ糖や乳酸が体内に多い状態でもあり、クエン酸サイクルが順調に機能していれば、これらの体内有毒物質は放置されず減少し、体液を弱アルカリ性に保つことができると考えられます。
また、クエン酸サイクルを効果的に機能させるには、クエン酸と一緒にビタミンB群を摂ることをおすすめします。

画面上へ


オススメ商品一覧


オススメ商品グループ免疫


オススメ商品グループ美容健康


オススメ商品グループ化粧品その他


オススメ商品グループ医薬品


健康食品活用ガイド一覧


ご購入方法


通販法規と医薬品販売の表示


プライバシーポリシー


PCページ:
梅エキスとは?【龍野マルゼン薬店 健康食品活用ガイド】


【#】画面上へ


【0】ホーム


【*】


【9】カートの中を見る


【1】モバイル検索エンジンリンク


(C)龍野マルゼン薬店

2017/07/26(Wed) 11:46 (0)