顔が知らせる病と心 龍野マルゼン薬店【モバイル】

卵黄油


7月、8月は無休で営業致しております

ホーム

卵黄油とは?

卵黄はギリシャ語でLecithos(レキトース)と言いますが、その名の通り主要成分はレシチンです。レシチンは細胞膜などの生体膜や脳、神経組織を構成するリン脂質のもとになっています。レシチンには乳化作用があり、悪玉コレステロールの血管壁への沈着を防ぎ、善玉コレステロールを増やして血管を強くします。他にも、脂肪の代謝を促進して肝臓を守ったり、心筋の強化にも働きます。
また、卵黄油に含まれるコリンは脳の神経伝達物質アセチルコリンの生成に欠かせないものでもあります。このため、コリンは、記憶力、集中力を高め、老人性認知症に有効だと言われています。
卵黄にはレシチン、コリンなどのリン脂質の他、ビタミンE、リノール酸、DHA、EPAなどさまざまな栄養素がバランスよく豊富に含まれています。

画面上へ


オススメ商品一覧


オススメ商品グループ免疫


オススメ商品グループ美容健康


オススメ商品グループ化粧品その他


オススメ商品グループ医薬品


健康食品活用ガイド一覧


ご購入方法


通販法規と医薬品販売の表示


プライバシーポリシー


PCページ:
卵黄油とは?【龍野マルゼン薬店 健康食品活用ガイド】


【#】画面上へ


【0】ホーム


【*】


【9】カートの中を見る


【1】モバイル検索エンジンリンク


(C)龍野マルゼン薬店

2017/07/26(Wed) 11:43 (0)