顔が知らせる病と心 龍野マルゼン薬店【モバイル】

キャッツクロウ


9月、10月は無休で営業致しております

ホーム

キャッツクロウとは?

キャッツクロウとは、ペルー原産のアカネ科カギガズラ属の樹木で、蔓の部分に猫の爪に似た形のカギ状のトゲが名前の由来です。
キャッツクロウは、1ヘクタールあたりわずか2から3本しか生育しないほど、土の栄養分を必要とする樹木で、南米ペルーの先住民(アシャンカ族)の間では数百年にわたり民間伝承薬として利用されてきました。

画面上へ

キャッツクロウの有効成分

キャッツクロウの有効成分はアルカロイド、トリテルペン、キノビック酸グルコシド、ポリフェノール、プロアントシアニジンなどがあります。
キャッツクロウに含まれるアルカロイドは、6種類(イソテロポディン、テロポディン、イソミトラフィリン、ミトラフィリン、リンコフィリン)が確認されてます。このアルカロイドの中で、特にイソテロポディンはキャッツクロウで特異的に見られるもので、免疫強化作用が知られています。
さらに、これらアルカロイドの複合的な働きやキノビック酸によって、炎症性の痛みを伴うリウマチ、神経痛、腰痛、関節痛、偏頭痛などの発作的な痛みに作用すると考えられています。
これらから、キャッツクロウは、関節炎にともなう痛みや腫れを緩和し、免疫力を強化してガンを防ぐといわれているのです。

画面上へ


オススメ商品一覧


オススメ商品グループ免疫


オススメ商品グループ美容健康


オススメ商品グループ化粧品その他


オススメ商品グループ医薬品


健康食品活用ガイド一覧


ご購入方法


通販法規と医薬品販売の表示


プライバシーポリシー


PCページ:
キャッツクロウとは?【龍野マルゼン薬店 健康食品活用ガイド】


【#】画面上へ


【0】ホーム


【*】


【9】カートの中を見る


【1】モバイル検索エンジンリンク


(C)龍野マルゼン薬店

2017/09/22(Fri) 18:43 (0)